新日本プロレスを物語る!

新日本プロレスという最高の『物語』、それは必然と偶然が織り成す感情のドキュメント!主役は、レスラー全員です。

新日本プロレスという最高の『物語』、それは必然と偶然が織り成す感情のドキュメント!
主役は、レスラー全員です。

あなたがもしバックステージに立ったなら【新日本プロレス】

f:id:njpstory:20190627230151j:plain

こんばんは、筆者のザ・クスノキです。

 

さて、今回はここ最近の話題でもありましたYOSHIHASHI(ヨシハシ)選手について少し触れたいと思います。

f:id:njpstory:20190627224051j:plain

 

 

というのも、前回の記事中で私が書いた“プロレスの楽しみ方”の箇所に対して、ブログを読んでくれた方から反応を貰えたからです。

まずは前回記事に書いたその箇所の部分を全文ではありませんが下記に記しておきます。

 

 

プロレスの楽しみ方として選手に愛着を持つというのが方法としてあります。

キッカケや動機は何だっていいですし、それは空想や妄想の範疇から自分ででっち挙げても一向に構いません。自然なものであろうと無理矢理であろうと、その選手を体感するという事に尽きるのではないでしょうか。共感ではありません、体感です。子供の頃に誰しもがやったあの体感です、ヒーローごっこやお姫様ごっこをした時のあの遊び心。他人には絶対的に不可侵で神聖なあの幼少期のライブ感≫

 

以上の箇所から、私の言いたい事はなんとなくですが伝わると思います。そしてこれを書いたタイミングで、このプロレスの楽しみ方をそのまま具現化できる事案が発生しました。タイミングの妙とは不思議なものですね。

 

話を戻しますと、ヨシハシ選手のタイムリーな話題がそれに当ります。

ザックセイバーJr選手が保持するブリテッシュヘビーの王座のベルトにヨシハシ選手が挑戦しました、が、結果はヨシハシ選手の無惨な敗北に終わる結果に。しかしこの結果を受けてファンの間ではちょっとしたYOSHIHASHI論争なるものも発生しています。

 f:id:njpstory:20190627224025j:plain

それはこのベルトを賭けた一戦を前にして、ヨシハシ選手が波紋を起こす話題をぶち挙げた事が大きく影響している事にあり、なるべくしてなる波紋です。それはG1の出場枠をも賭けろという大胆不敵な噛みつき方であり、ザック選手側からすればベルトを賭けるだけでなくG1のエントリー権利をもプラスしろというどうみてもハイリスク・ノーリターンな事案となってしいました。

f:id:njpstory:20190627224111j:plain

 

ヨシハシ選手にそこまで要求できるほどの何かがあるのか?という疑問に基づいた批判を飛ばすファンも多く見受けられる程に。

 

この波紋の中、更にはヨシハシ選手は敗北を期してしまいビックマウスにも程があるという叱咤もあれば、ヨシハシ選手らしい頑張りはしっかりとあったと激励を送るファンも。

 

二分したわけですね、この話題は観る側にとってどのスタンスで印象を持つかが本当に分かれる所だと思います。

 

つまりは、今回のヨシハシ選手に対していわゆる「良いか悪いか」の見方をした時に起こる波紋だったのかもしれません。

例えば、ヨシハシ選手をオカダ・棚橋・内藤などといったトップ中のトップの大人気レスラー達と比べた時になんでこんなに不甲斐ないレスラーなんだと客観的もしくは相対的な側面で観る人はどうしてもヨシハシ選手を悪い評価をつけたくなるものでしょう。

 f:id:njpstory:20190627225928j:plain

 

反対にヨシハシ選手というプロレスラーを主観的に観てしまう人はどうなるか?たぶんですがより身近なキャラクターに感じやすいはずです。ヨシハシ選手がどうあがいたとしてもオカダ・カズチカやエース棚橋、はたまたカリスマ内藤といったキャラクターにはなれない。戦績の結果もあまりかんばしくなく、大事な大会でもあるG1へのエントリーも落選。プロレスラー全員が華やかで超人であるかといえば、残念ながらそうじゃない。

f:id:njpstory:20190627224342j:plain

でも、それでも、それでもその状況下であがくしかない。自分の存在感をどうにか残さなきゃ!という必死な感情、それをずっと体現し続けてるレスラーともいえるヨシハシ選手の姿は、決して超人たるスーパースターの幻想ではなく私達の日常のリアルとどこか重なるはずです。

ヨシハシ選手を主観に観るファンの方々はだからこそヨシハシがんばれと応援したくなる感情を持ってしまう。憧れへの賛辞もあれば、シンパシーへの激励もある。ヨシハシ選手を「良い」と評価する人は後者に当たるのではないでしょう。

 

リング上のヨシハシ選手の姿は、まさに痛めつけらても痛めつけれても這い上がろうとする逆境の感情

f:id:njpstory:20190627224426j:plain

華が無いと言われても、プロレスが下手だと言われても、それでもあの青いマットの上で声を張り上げ感情を出そうとする姿勢はある意味プロレスの基本の基本とも言えますよね。

f:id:njpstory:20190627224448j:plain

そしてヨシハシ選手の大胆不敵な話題のおかげで、このブリティッシュ王座の試合への注目は確実に上昇したとも捉えられます。もちろん、何をどう言って盛り上がるという保証は決してあるわけではありませんが、ヨシハシ選手がこのタイミングで自身の感情を少しでも形にしたいと、もがきあがく姿はプロレスの面白さを非常に分かりやすく提供してくれたのかもしれません。

f:id:njpstory:20190627224513j:plain

 

ただ、ヨシハシ選手に対して応援しようと叱咤しようとも、どちらの見方でも全く構わないと私は思っています。

 

それはプロレスがリング上の勝敗だけで完結する物語では無い為、プロレスというおもちゃ箱が遊び方に場所を選ばす許してくれるから。ネット上だろうと、日常の会話だろうと、試合が無い日であろうとどこでも語っていいプロレス。だから私はプロレスを物語という読み物にしてしまえる。

 

ヨシハシ選手の話題一つで観る側に波紋を起こせるのは皆さんがいかにプロレスが好きかという意思表示ですよね。

 

もちろん私もこのヨシハシ選手について書きたい事があるから今回記事を更新しましたが、実は私はこのヨシハシ選手に対して良い悪いという見方はあえてせず、記事の冒頭に書いた“体感”という視点で楽しんでみるのが記事の本題です。

 

前記事で書いたプロレスの楽しみ方について、“体感”するという書き方はしましたがその具体例は記載しませんでしたので、読んで下さった方の中には今ひとつだったかもしれません。ですから、このヨシハシ選手を具体例に起用させてもらい“体感”するとはどういう事なのか、がっちりとやってみる事にしましょう。

 

やり方は至って簡単です。

 

それには今回のVSザックセイバーJr戦後のヨシハシ選手のバックステージコメントを活用する必要があります。

 

ここまでの話題の流れを振り返るならば、この敗戦は紛れももなく失態。響きますよ、ヨシハシ選手の今後にも。痛恨です、この敗戦は。

 

しかしプロレスは先にも記述した通り、試合決着の後にも試される土俵があります。それは勝敗にも勝者にも平等に与えらる表現の場バックステージでのコメントですよ。プロレスラーによっては自身の発信するコメントの言葉のチョイスや喋る表情にこそ力を注ぐ選手も居ます。

f:id:njpstory:20190627224624j:plain

 

センスあるワードを使ったり、意味深な文脈を織り交ぜたり、感情をそのまま吐露したり。プロレスラーのアートスペースとも呼べる舞台、その名もバックステージコメント。

 

 

さあ、お膳立てはできましたね。お待たせしました、ヨシハシ選手の今回のバックステージコメントをご紹介。

 

 

『今現在は何も無い・・・』 (ヨシハシ選手のコメ)

f:id:njpstory:20190627224651j:plain

 

 

 

 

 

 

ん?? あれ????

 

うーんと、そうですねぇ、、、何も無いって事なのかな。。。うん、たぶん、本当に何も無いんだろうな。。

 

いやはや、こうゆう部分をヨシハシ選手の良い所(天然?素直?)とするか悪い所(プロレス的センス不足?)とするかはそれぞれです。

 

ただ私がこのバックステージコメントで感じたのは勿体ない!という気持ちです。これ、やっぱり勿体ないと思いませんか?敗者だから口数少ないのは自然ですが、ここまで話題を強引に作ったわけですから、それゆえに敗けたヨシハシは何を喋るんだ?!どんな言葉を残すんだ?!と少なからずヨシハシ選手の試合後コメントに関心を寄せたファンは少なくないのではないでしょうか。

 

チャンスを掴めなかったとしても、何かインパクトを残す最後の手段が試合後のコメントになりうる時があり、それもプロレスの表現のうち。

 

語る言葉はどんなにつたないモノであっても響くことがある、それはリング上で痛めつけられ這いつくばられ、相手選手から罵られるヨシハシ選手にこそ感情の言葉はよく似合う。

f:id:njpstory:20190627224850j:plain

 

それなのに・・・、その大事な見せ場で「何も無い」だなんてあまりに勿体無いではありませんか?

 

 

そう、ここで“体感”のお時間です。

 

さあ皆様、プロレスを楽しみましょう。

 f:id:njpstory:20190627224918j:plain

 

 

設問①

あなたがもしプロレスラー・ヨシハシだったら、この時のバックステージでどんな言葉を発しますか?

 

 

シンキングタイムはさほどはありません、あなたは今この瞬間にプロレスラー・ヨシハシ選手を体感しなければならないのですから。ザックに無惨見事に敗れたあなたは、肩をがっくしと落としゆっくりバックステージへ歩いていく。

 

少しずつ見える光りの当るスポンサーポスター。

f:id:njpstory:20190627224940j:plain

ライト、カメラ、マイク、そして記者達。

到着したその場所で、多くの動画視聴者があなたの発信する言葉の一つ一つに耳を傾けている。国内に留まらず、字幕で海外からも視聴されるあなたのコメント。もしも不安なら無言でもいい、だけどそれだけじゃ表現にならないかもしれない。どうする?何をしゃべる?どんな言葉を用意すればいい?

 

 

さあさあ、あなた(プロレスラー・ヨシハシ)ならこのバックステージでどんなワードを産み出しますか?

 

 

これが体感です。

 

これを妄想や空想の領域に潜らせ、自分ならどうする?どうしたい?どうすればヨシハシというプロレスラーを面白くさせられる?この暗中模索に身を焦がすこの時こそが体感と言えます。

 

筆者はどうなんだって?もちろん考えました。私がもしヨシハシ選手ならこの場面でどんなコメントを出すか。自分がプロレスラー・ヨシハシならバックステージコメントをどうするか。

 

考えてみた時に、ヨシハシ選手は過去にインパクトのある言葉を残していましたから今この場面で新たに言葉を用意するよりかは、自分が持つその言葉を上手く活用する方がいいのかなと思ったりも。

 

ちなみに、『物事が変わるのは一瞬だ』というやつですね。これを試合に負けて意気消沈した場面でも活用できれば今後のヨシハシ物語に余韻を残す事ができるのでは?!

 

ではいってみましょう、もし私がヨシハシ選手ならこう言ってみるでしょう

 

 

 

 

『物事が変わるのは・・・、時間がかかる・・。』

f:id:njpstory:20190627225026j:plain

 

そして静かに去る私(ヨシハシ選手)。。。

f:id:njpstory:20190627225210j:plain

 

 

 

どうでしたか?

意気揚揚とテンションを爆発させる時の物事はバージョンと意気消沈の物事はバージョン、これを使い分けていくという手法。

 

観る側もパターンがある方が予想できる楽しみや予想外な楽しみ方、今回はどの物事のバージョンなんだ??という反応のバリエーションを増やせるはすです。たかがコメント、されどコメント。

 

私達が選手に愛着を湧く過程において、この体感を用いる事はまさにプロレスを楽しむ醍醐味。

 

いかがだったでしょうか、今回の記事はヨシハシ選手を通してプロレスの醍醐味に迫ってみました。

 

みなさんならどう体感しますか?

あなたがヨシハシ選手ならどんなコメントを残しますか?

 

ぜひ皆さまの反応が欲しい所です。

 

 

 

ちなみに、ザックセイバーjrは今回もまた快調かつ流暢にコメントしておりました。さすがですね。

f:id:njpstory:20190627225544j:plain

  

f:id:njpstory:20190627225606j:plain

 

 

 

 

f:id:njpstory:20190223052727j:plain

 ここまで読んで頂き嬉しいです、もしよかったらブログの応援クリックを宜しくお願い致します↓

http://blog.with2.net/link/?1996597

f:id:njpstory:20190607122652j:plain

 人気ブログランキング

f:id:njpstory:20190329233022g:plain

 

 

 

 

アンケート実施中!

 

あなたのG1優勝をしてもらいたい推しの選手は誰ですか?

回答入力はこちらから

 https://blog.with2.net/vote/sp/v/?id=208446

f:id:njpstory:20190617190610j:plain

f:id:njpstory:20190617190621j:plain
f:id:njpstory:20190617190640j:plain

 

 

 

f:id:njpstory:20190427143627j:plain

 

www.njpwstory.online

 

f:id:njpstory:20190607043001j:plain

www.njpwstory.online

 

www.njpwstory.online

f:id:njpstory:20190614015719j:plain

www.njpwstory.online

 

f:id:njpstory:20190611120250j:plain

 

 

 

 ブログ村はこちらからです

f:id:njpstory:20190329232400g:plain

 

 

 

f:id:njpstory:20190428192054j:plain

 

私のtwitterをフォローして下さる場合はこちらです

ザ・クスノキ (@njpwstory) | Twitter

 

 

 

 

f:id:njpstory:20190617191616j:plain

 

 

www.njpwstory.online

www.njpwstory.online

www.njpwstory.online

www.njpwstory.online

 最新プロレスブログ情報へ

f:id:njpstory:20190526062114j:plain

f:id:njpstory:20190526061313j:plain