新日本プロレスを物語る!

新日本プロレスという最高の『物語』、それは必然と偶然が織り成す感情のドキュメント!主役は、レスラー全員です。

新日本プロレスという最高の『物語』、それは必然と偶然が織り成す感情のドキュメント!
主役は、レスラー全員です。

バックステージ大賞   【新日本プロレス】

バックステージ大賞なるものを新設しました。 私の記事では今後このタイトルが度々お目見えする事と思います。

後編 アンチ・ユニットのすすめ   【新日本プロレス】

後編です。 勿体ないぞシリーズも付属してしまいました。

前編アンチ・ユニットのすすめ  【新日本プロレス】

恐るべきユニット依存。 団体も選手も、ファンも皆この依存性に陥ってはいないでしょうか。。。

そうじゃない、EVIL。。。 【新日本プロレス イービル】

イービル!本当にそれでいいのか!?イービルよ! なぜだ、なぜなんだイービル! 違う、そうじゃないはずだイービル!

言葉が要らない世界2    【上村優也】

彼の肉体、表情。 言葉の入る余地なんて何も無いのかもしれません。 気迫、躍動、そして。

物語は鳴り止まない。   【木村花選手 スターダム】

物語は死なないんです。 なぜでしょうか。 物語は鳴り止まないから。

木村花という物語はまだまだ続いたはずなのに。  【スターダム】

こんな物語の終わりじゃなかったはず。 まだ終わるべきじゃなかった。

あの時、そしてこの時。    【新日本プロレス 中西学】

重なる。 そして心にしみる。 中西学を見続けられて本当によかった。。いえ、これからも観続けます。

死ぬまで何者でありたいか  【新日本プロレス 中西学】

何者であるか。それは物語の本質を問う話。 中西学がプロレスラーであるがゆえの生き様。 生き様がプロレスなのか、プロレスが生き様なのか。 涙無くして観れませんでした。

引退まであまり時間が無い~中西学へのメモリー~

悲しみに暮れる新年の始まり。でも追憶を言葉に変えて。 彼の引退は私にとって計り知れない程の悲報です。 自分にはこれしかない、そんなプロレス。まさに彼の生き方そのまんまのようで。 涙を拭いながらの文字を打たなければなりません。

だから観る。   【新日本プロレス 東京ドーム 飯伏幸太】

だから観るしかないんです。

復活の為に。       【新日本プロレスブログ】

こんなにも記事更新の空白が悪なんて・・・。 東京ドーム二連戦までもう時間が無い。。

グッズアワード・BEST8 【新日本プロレス 公式グッズ】

はい、その名も 『新日本プロレスグッズ・ザ・クスノキアワードBEST8』!

そこにワンシーンがある。       【新日本プロレス 内藤哲也 タイチ】

プロレスは詳しくなくても楽しめる。ぜひともワンシーンを感じて下さい。ただ楽しめばいい、自分なりに面白がればいい。 私の生観戦にて切り取ったベストワンカットに熱を込めてお届けします。

前夜。  【新日本プロレス】

今回のブログ更新は記事というよりただのご報告でしかなく、覗きに来ていただいた方には申し訳無く思いつつも、取り留めもない言葉を少しばかり書き記しておきたい気持ちに流されて。 そんな有意義に欠けた文章だとしても、ふらっと言葉にしてみたくなったの…

私は好きだ。El Desperado   【エル・デスペラード 新日本プロレス】

マスクマンという覆面の密閉を選んだ人間。彼のマスクのわずかな隙間はその両眼の部分だけ。人間の表情を読み取る上で眼のパーツがどれだけの貢献を為しているかはなかなか図り切れない、であるはずがエル・デスペラードはその両眼のみで表情の全てを物語

GOLDENSTAR    【新日本プロレス 飯伏幸太・ケニーオメガ】

あの時の飯伏幸太、あの時のケニーオメガ。また、もうすこしたげ2人の事に触れてみます。

切なくても、引き摺ってても。      【新日本プロレス 飯伏幸太・ケニーオメガ】

引き摺ってるんです、引き摺ってるんですよ私は。 確かに物語を別れました。 2人の物語は1つの物語としての進行を中断し、それぞれの物語へと。2人は二つの物語それぞれの進行を選んだのです。 あの日あの時、1つの物語は強い願いを黒い羽で散らし、飛…

感情任せでもいい(?)、ニュージェネレーションの共鳴を願う。 【新日本プロレス】

こんばんは、筆者のザ・クスノキです。 今回は短い記事です。 いつもの長い記事ではありません、残念ながらショート記事です。 どうしても書きたかったから、ここでひとつ言葉にしておきたかったから。 それは、ヤングライオンにつて。 いえ、野毛道場につい…

象徴の継承 【新日本プロレス ライガーからYOHへ】

こんばんは、執筆者のザ・クスノキです。 私達新日本プロレスファン、並びに私達新日本プロレス観測者達にとって“2020TOKYO”というワードはオリンピックの連想ではありません。 私もスポーツは好きですから、決してオリンピックを見ないわけではありません…

KENTAを観る私達。   【KENTA】

個性、個性とは簡単に言うけれど、自分の個性は何だと聞かれれば皆さんはどう答えるでしょうか? こんばんは、筆者のザ・クスノキです。 いわゆる一般的で平凡的な生活の営みを紡ぐ人生の中で、あなたの個性はどの部分でどうそれを表されるかと問われれば、…

言葉が要らない世界   【上村優也】

最近よく思うんです、どんなに他人と言葉で理解し合おうとしても、その成果は一体どれほど報われているのだろうかと。 完全に理解し合う事は到底叶わないという着地点が例え見えていたとしても、その過程の中で数ミリ程度の歩みよりがいつかどんな形かで報…

ゼロ・エモーショナル    【アレックス・コグリン選】

前回の記事更新から少し時間が空いてしまいました。よって冒頭の挨拶はお久しぶりです、から記事を始めさせて頂きます。 そしてもちろんいつも通り、名乗ります。 筆者のザ・クスノキです。 不覚にも、夏の暑さにやられ精神的にも肉体的にも余裕の無い日々…

棚橋弘至、言葉を操るプロレスラー ~言葉、棚橋弘至③~ 

~言葉、棚橋弘至③~ こんばんは、筆者のザ・クスノキです。 前々回から続いております、【~言葉、棚橋弘至~】シリーズ。第1回、第2回から続き今回はなんと第3回目。 実に引っ張りました、引っ張るだけの中身を私が書けたかどうかの批評はどうかしない…

プロレスの中にある価値観と表現 ~言葉、棚橋弘至②~ 

~言葉、棚橋弘至②~ こんにちは、筆者のザ・クスノキです。 前回の記事から棚橋選手のWEBマガジン「ダ・ヴィンチ」2019/8/8メールインタビュー完全版の前編に触れた内容を書いております。 前回記事はこちら⇒【言葉、棚橋弘至①】 今回は「~言葉、棚橋弘至…

言葉を込める、プロレスを編む。~言葉、棚橋弘至①~ 

~言葉、棚橋弘至①~ こんばんは、筆者のザ・クスノキです 本日の記事内容は棚橋弘至選手についてです。 取り上げる焦点はwebマガジン「ダ・ヴィンチ」2019/8.8掲載のメールインタビュー完全版における棚橋選手のインタビュー内容になります。 読んでみると…

ネオDramatic  【柴田勝頼】

こんばんは、筆者のザ・クスノキです。 私達にとっての“真夏”が終わり、夏の終わりの余韻にすぐさま襲われると思っていましたが、まだ真夏が冷めません。 すぐに冷めない理由は前記事の通り、ドラマチックが新章への駆け足を既に始めてしまったからです。 …

ドラマチックを駆けろ  【柴田勝頼】

何のために産まれたのか、 一体どんな役割を担う為に自分は天から落とされたのか。この世に人間として命を授かってしまった者ならば誰しもが必ず持つ疑問。誰がために。何をもってして。産まれた意味は?生きる意味は? 人生の出発点から死の螺旋へと線を結…

メインに並ぶ一級品?!  【新日本プロレス 日本武道館】

こんばんは、筆者のザ・クスノキです。 今夜、私達新日本ファンにとっての“真夏”が終わりましたね。 最高の夏でした。例年通り、灼熱の祭典でした。 優勝者は飯伏幸太。惜しくもジェイ・ホワイトは敗れ、名残惜しきG1クライマックスは幕を閉じましたが、結…

G1の前哨戦とテーマの改め 【G1クライマックス29】

酷暑の続くサマーデイズ、身体の変調には充分ご注意を。 こんにちは、筆者のザ・クスノキです。 今朝、家のベランダにて蝉の躯が横たわっていました。あんなにも喚き散らした人生に幕を下し、微動だにしない静かな死に様。一瞬の輝きはどれだけ生の喜びを謳…