新日本プロレスを物語る!

新日本プロレスという最高の『物語』、それは必然と偶然が織り成す感情のドキュメント!主役は、レスラー全員です。

新日本プロレスという最高の『物語』、それは必然と偶然が織り成す感情のドキュメント!
主役は、レスラー全員です。

オスプレイの切なさ

まだ来ぬ春、舞い散るウィル・オスプレイ。 私が今回非常に印象に残ったのはオスプレイの姿でした。切なさという花びら。散るその姿には次なる物語がやがて来るのでしょうか。春よ来い。

SANADAの告白 in NJC2019

コールドスカルさんはマディソン・スクエア・ガーデンがお好き。 SANADAが持つ『物語』、他の人気レスラーでもなかなか持ち合わす事のできない大きなストーリーを彼は辿っているのはかなりの魅力でしょう。

飯伏が敗退・・、物語すら始まらず

始まらない物語・・ 物語が始まってもいない。全くもってストーリーの欠片さえ生まれていない。 飯伏幸太の『物語』に続きはあるのでしょうか?

エース継承、『技』が伝える物語

エース継承物語、登場人物は2人だけじゃない。 まさにエース継承の序章幕開けの予感をプンプン匂わせてくれた尼崎大会におけるNJC一回戦の棚橋VS海野です。 試合前から大きなテーマをはらんだ一戦でした、まさにこの試合こそ結果よりも物語と呼べる極上のプ…

ライガー物語【後編】 獣神、引退。

物語の結末はあっても、歴史は終わらない。 前回からのつづきとなります。前記事をまだ未読の場合はぜひ一読してもらえたらと思います 今回は『獣神サンダーライガーというプロレスラーの一体何が最も凄いのか?』この点に焦点を絞り具体的な事例を挙げ、簡…

ライガー物語【前篇】獣神、引退。

物語の結末は必ずやってくる。その結末が待ち遠しい時もあれば、逆の時もある。楽しくて面白くて、その物語をどんどん読み進めていくうちに、このストーリーに終わりなんてあってほしくないという純粋なあの気持ち。それでもページをめくる手を止められない…

ニュージャパンカップにストーリーを!その②

飯伏幸太選手にも触れます。 今回NJCに出場する意義、この要素においては他のエントリー選手よりも一番大きいのが彼かもしれません。 ケニーオメガとの別れを経てからの流れが非常に強いスパイスになっているからです。そしてそこからの新日本プロレスへ…

ニュージャパンカップにストーリーを!その①

出場枠を拡大しカード組み合わせは色取り取りとなりました。それだけも充分に見所満点です。しかし、私はこのニュージャパンカップに、どんなストーリーが生まれるかという期待をしてしまいます。なので今回は優勝者の予想ではなく、ぜひとも今回のNJCに…

春よ来い、NJCという名の季節。

もうすぐ春の祭典。ニュージャパンカップが告げる季節。 春の祭典が始まりますね。ニュージャパンカップの時期が来てしまいました。 それにしても今回のNJC2019には驚きです。まさかの出場者数の大幅拡大、去年の倍の人数になっております。これによりカ…

【続編】ケニーオメガ、新章。魔王となったプロレスラー

ケニーオメガは一体どんな存在となってしまうのか? 魔王という選択、ベビーフェイスでもヒールでも無い「魔王」という形。 主人公の敵になってしまったプロレスラーはこの先どんな物語を紡ぐのか。ぜひ一読を。

ケニーオメガ、新章。 魔王となったプロレスラー

魔王となったプロレスラー 破壊と創造 ケニーオメガの動向がどんどんと明るみになっています。彼の物語が加速度的に進行していますね。 私は当ブログ内において、ケニー物語たる物も記事の一つとして書いております。もちろん個人の空想の域ですが、ケニーΩ…

後編 後戻りのできない物語を選んだ男、飯塚高史

前回の記事はこちら www.njpwstory.online ここからが後編です。 飯塚のヒールキャラのスタイルの特徴といえば、なんと言っても喋らないというやり方。レスラーとして自己表現の最たる手段を捨てるというのは、これは大きな覚悟がいります。 善良な魂を失い…

前編 後戻りのできない物語を選んだ男、飯塚高史

前編 後戻りのできない物語を選んだ男、飯塚高史。~ヒールとは何なのか~ 1人のレスラーが現役生活に幕を閉じようとしています。怨念坊主ことヒールレスラー飯塚高史の引退、正直な所ここまでの盛り上がり、話題の中心にまでクローズアップされるとは予想…

2.3札幌、グッドガイストーリー?とそのほか

2.3冬の札幌、観戦の感想です。注目はタマ・トンガ。グッドガイ・ストーリーが始まる、、のか? 冬の札幌2.3、新日本ワールドにて私も視聴観戦しました。お菓子と飲み物を用意しとても楽しい時間を提供してくる新日本プロレスには感謝しかありません。3…

ケニーオメガ 主人公にも魔王にもなれる物語

ケニーの心中を先日の1.4東京ドーム棚橋戦を軸に書いてみたいと思います。ケニーの物語はまだ終わりじゃない。